メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候熟知、用意周到 イングランドのジョーンズ監督凱旋 ラグビーW杯

日本代表チームや日本開催の印象を語るイングランドのエディー・ジョーンズ監督=札幌市豊平区で2019年9月20日、貝塚太一撮影

 2015年のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本を躍進させたエディー・ジョーンズ氏(59)が、強豪・イングランドの監督として日本へ戻ってきた。22日に札幌市内で行われたW杯日本大会の1次リーグC組で、イングランドはトンガに35―3で大勝。「ラグビーの母国」復活に向け、日本の気候などを熟知した「地の利」も生かし、03年大会以来2回目の頂点を目指す。

 「ラグビーを愛している。日本にとって歴史的なW杯で(監督として)日本に来られたことに特別な感覚がある」。トンガ戦ではミスが生じると身ぶり手ぶりを交えて感情をあらわにしたジョーンズ氏は「蚊が多かったから、たたかなければいけなかった」と冗談を交え、凱旋(がいせん)試合を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. なりすましで予約取り消し、客を「横取り」 客引きを偽計業務妨害容疑で書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです