メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミスに泣くスコットランド 高精度タックルも実らず ラグビーW杯

【アイルランド-スコットランド】前半、タックルを受けながらも突進するアイルランドのヘンダーソン(中央右)=横浜・日産スタジアムで2019年9月22日、宮武祐希撮影

 1次リーグA組で日本のライバルとなるスコットランドは、ミスに泣いた。特に守りで大幅な前進を許す場面が目立ち、タウンゼンド監督は「我々のミスを着実に得点に結びつけられた。ベストゲームができなかった」と険しい表情で語った。

 序盤から厳しい展開となった。前半5分、タックルミスから自陣深くまで攻め込まれると、アイルランドの粘り強いサイド攻撃に屈して先制トライを献上。その後もタックル成功率は9割と高水準だったが…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです