メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪獲得目標に不安 男子フリーメダルなく レスリング世界選手権

 レスリングの世界選手権は最終日の22日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで、男子フリースタイル4階級が行われた。日本勢は4階級とも前日に敗退しており、出場はなかった。今大会、東京五輪で実施される18階級は5位以上で出場枠を獲得し、メダルも獲得すれば日本代表に決定した。18階級中、日本勢のメダルは男子グレコローマンスタイルの金1個、女子の金1、銀2、銅1の計5個だった。男子フリースタイルはメダルがなかった。日本協会が掲げた目標「金メダル5個」を下回り、東京五輪の目標「金を含むメダル10個」にも不安を残した。

 男子グレコローマン60キロ級で、文田健一郎(ミキハウス)が2大会ぶりの金メダルを獲得した。だが、67キロ級の高橋昭五(警視庁)ら他の選手は力で勝る海外勢を相手に五輪出場枠を獲得できなかった。五輪で実施されない63キロ級を制した太田忍(ALSOK)が67キロ級への転向を明言したが、体作りを含めて間に合うか未知数だ。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです