メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースの窓

NEWSの窓 経済 サンマ不漁 もっと本気で資源保護を

北海道・根室のサンマの水揚げ

[PR]

柳原美砂子やなぎはらみさこ 毎日新聞まいにちしんぶん 統合とうごうデジタル取材しゅざいセンター副部長ふくぶちょう

 スーパーのさかなあき味覚みかく、サンマがならんでいました。今年ことし歴史れきしてき不漁ふりょうつづいています。店先みせさきたサンマはほそくてちいさかったけれど、値段ねだんれいねんのほぼばいやく200えんれているりょうすくないことを実感じっかんしました。

     日本にほん周辺しゅうへん漁業ぎょぎょうについての情報じょうほう提供ていきょうする団体だんたい漁業ぎょぎょう情報じょうほうサービスセンター」によると、8がつはじまった北海道ほっかいどう東方とうほうおきのサンマりょうれたりょうは、9がつ10日時とおかじてんさくねんどう時期じきの2わりじゃくにとどまっていて、戦後せんご番目ばんめ不漁ふりょうだった2017ねんよりすくないそうです。こうした状況じょうきょうけ、飲食店いんしょくてんがサンマ定食ていしょく販売はんばい延期えんきしたり、東京とうきょうひらかれた「目黒めぐろのさんままつり」でなまのサンマがはいらないため、やむなく冷凍れいとうもの炭火焼すみびやきをったりと、いろいろな影響えいきょうはじめています。

     なぜ、サンマがれないのでしょうか。よくわれているのが、台湾たいわん中国ちゅうごくの「乱獲らんかく」です。たしかに台湾たいわん中国ちゅうごくでは、最近さいきん日本食にほんしょくブームでサンマをよくべるようになり、りょう急増きゅうぞうしています。

     ただ、これまで日本にっぽんがたくさんのりょうってきたことも事実じじつです。専門家せんもんかあいだには「ながねん日本にっぽんなどがたくさんつづけてきたため、サンマがえなくなった」という指摘してきもあります。

     一方いっぽう海水温かいすいおん上昇じょうしょうなどうみ環境かんきょう変化へんかで、日本にっぽんちかくのうみおよぐサンマがったという見方みかたもありますが、くわしい原因げんいんかっていません。

     日本にっぽん中国ちゅうごくなどやっつのくに地域ちいきによる国際こくさい会議かいぎは7がつ、サンマをりょうを20ねん全体ぜんたいやく55まんトンに制限せいげんするまりをはじめてつくりました。ただ、18ねんったりょうやく44まんトン)をおおきく上回うわまわっていて、サンマをまも効果こうかちいさいとわれています。くに地域別ちいきべつれるりょうめるのもこれから。サンマを安心あんしんしてつづけるために、くに地域ちいきでしっかりはなうことが大切たいせつです。


     経済部けいざいぶで、省庁しょうちょう銀行ぎんこう、メーカーなどの取材しゅざい担当たんとう趣味しゅみ散歩さんぽ山歩やまあるき。学生時代がくせいじだい少林寺拳法しょうりんじけんぽうをやっていました。1973年福岡県生ねんふくおかけんうまれ。好物こうぶつは、博多はかたではなまべることがおおいサバ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

    2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

    5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです