メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画「ラガーにゃん」売れてるにゃん! 元代表主将・広瀬氏の解説付き(スポニチ)

ラガーにゃんのぬいぐるみを手にする広瀬俊朗氏 =スポニチ提供

 ラグビーW杯に合わせて5日に緊急出版された、ラグビーをするネコたちの漫画「ラガーにゃん2—猫ラグビーワールドカップ編—」(光文社)が、早くも重版決定の人気ぶりとなっている。

 筑波大ラグビー部出身で“ネコ漫画界の巨匠”そにしけんじ氏(50)が「女性自身」で連載中の人気作。元日本代表主将で、TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」にも出演した広瀬俊朗氏(37)の解説付きで、ネコに癒やされながらルールが覚えられるラグビー入門書にもなっている。

 広瀬氏は「そにし先生の“ラグビーに関心のない人たちに、魅力を知ってもらいたい”という思いに共感しました。専門的にならないよう、初心者にも分かりやすい説明を心掛けています」と話している。(スポニチ)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです