メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札響インフォメーション

M・ポンマーがバッハ指揮 来月18、19日 札幌キタラで定期演奏会 /北海道

 10月18、19の両日、札幌交響楽団の第623回定期演奏会が、札幌コンサートホール・キタラ大ホール(札幌市中央区中島公園1)で開催される。

 曲目はJ.S.バッハ「ヨハネ受難曲」。新約聖書「ヨハネによる福音書」を基に、十字架に架けられるイエス・キリストを描いた壮大な作品を5人の独唱者や合唱団と共に上演する。

 指揮はバッハを長年研究し、演奏に新たな生命を吹き込んだ巨匠マックス・ポンマー(札響前首席指揮者)。ソリストはソプラノ=松井亜希▽カウンターテナー=藤木大地▽テノール=桜田亮▽バス=加耒徹▽イエス役のバス=三原剛。管弦楽は札幌交響楽団。合唱は札響合唱団。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです