メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/12止 福島・郡山 ハンガリーの水泳

コイ食文化が共通項 交流重ね、安全性と味発信

 「ハンガリーでもコイを食べるらしいよ」。福島県郡山市の品川万里市長が、そんな話を担当者に伝えたのは2015年秋のことだった。市町村別で食用コイの生産量日本一を誇る同市はこの年の春、全国で唯一の鯉(こい)係を園芸畜産振興課に新設したばかり。ブランドイメージの向上や販路拡大を図る鯉係が早速、情報収集に動き始めた。

 同市では明治初期に猪苗代湖から引いた安積疏水(そすい)による開拓が進み、原野が田園地帯に開墾された。安積疏水の完成で使わなくなった農業用のため池を利用して、貴重なたんぱく源であるコイの養殖が盛んになった。

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです