メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/12止 福島・郡山 ハンガリーの水泳

コイ食文化が共通項 交流重ね、安全性と味発信

 「ハンガリーでもコイを食べるらしいよ」。福島県郡山市の品川万里市長が、そんな話を担当者に伝えたのは2015年秋のことだった。市町村別で食用コイの生産量日本一を誇る同市はこの年の春、全国で唯一の鯉(こい)係を園芸畜産振興課に新設したばかり。ブランドイメージの向上や販路拡大を図る鯉係が早速、情報収集に動き始めた。

 同市では明治初期に猪苗代湖から引いた安積疏水(そすい)による開拓が進み、原野が田園地帯に開墾された。安積疏水の完成で使わなくなった農業用のため池を利用して、貴重なたんぱく源であるコイの養殖が盛んになった。

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです