連載

’19記者リポート

毎日新聞デジタルの「’19記者リポート」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

’19記者リポート

性被害支援 時間かけ、傷に寄り添う /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
支援の重要性について語る性暴力救済センター・ふくいの細川久美子センター長=福井市の済生会病院で、横見知佳撮影
支援の重要性について語る性暴力救済センター・ふくいの細川久美子センター長=福井市の済生会病院で、横見知佳撮影

 福井市和田中町の福井県済生会病院を拠点に、性暴力被害者を支援する「性暴力救済センター・ふくい」(通称ひなぎく)が、2018年7月に24時間365日体制の相談受け付けを始めて以降、相談件数が増えている。18年度の新規利用者数は163人で、前年度の3・5倍に。14年4月のオープンから支援を続ける産婦人科医の細川久美子センター長(57)に24時間体制の重要性や今後の課題を聞いた。【横見知佳】

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1225文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集