メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

津田氏芸術シンポ、神戸市中止 「表現の自由」巡り賛否 /兵庫

津田大介さん=名古屋市の愛知芸術文化センターで、山田泰生撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏が登壇し、8月に神戸市内で開催予定だったシンポジウムが中止された。名古屋の問題が飛び火した形で、主催者の神戸市などは「秋の芸術イベントのPRにならない」と説明したが、「表現の自由」を巡り、賛否両論が生じた。社会が向き合うべきテーマだが、いったい何が起き、何が問題となったのだろうか。【春増翔太】

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです