メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 古由青果 旬のおいしさ加工品に 果物への自信と愛着 /和歌山

仕事は二人三脚。古由青果の古田順一会長(左)と芳章社長=和歌山県湯浅町湯浅で、中川博史撮影

 味に厳しい。外食に出かけようものなら、感想は「食える」か「うまない」のどちらか。果物となると、さらにハードルが上がる。古由青果(湯浅町)の古田順一会長(77)は仕入れで妥協することを嫌う。「おかしなもん、お客さんにつかまされへん。それが信用いうもんです」

 初代はリヤカーで焼き芋を売り、八百屋を始めた。2代目は農家から預かったミカンを箱詰めして市場に送る「移出」の仕事に携わり、3代目は果物と野菜の卸売りを手がけた。業態は時代によって変化したが、一貫して青果物を扱い、中でも柑橘類には自信を持っている。

 同社が今、力を入れているのはフルーツの加工。高齢化で町の小売店がどんどん店をたたみ、果物を置いているのはほとんどスーパーだけになった。生産者と消費者間の直販やネット販売などが時流に乗り、卸売業にとって、販路が広がる要素は見当たらない。長男で5代目の芳章社長(49)と共に「何ができるか」と頭を悩ませ「一番おいしい時期の果物を加工して、新鮮な素材の味をいつでも楽しめるようにしよう」と方向性を定めた。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです