メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防府出身の元台湾総督・上山満之進 生誕150年、市民顕彰へ 誕生日27日 講演会や絵画展企画 /山口

 防府市出身で台湾総督を務めた上山(かみやま)満之進(1869~1938年)の生誕150年に合わせ、市内で顕彰活動が盛り上がっている。誕生日の27日には記念講演会が開かれるほか、上山ゆかりの油彩画の展示会が開幕する。【脇山隆俊】

 上山は、東京帝大卒業後に内務省に入り、熊本県知事など要職を歴任。晩年、私財を投じて防府市立図書館の前身「三哲文庫」を建てようとしたが、完成を見ぬまま亡くなった。文庫はその後、上山の遺志に従って遺族から市に寄贈された。「三哲」は上山が尊敬していた郷土の偉人、吉田松陰と品…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです