メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業、生産性向上へ 県が支援センターを開設 一貫サポート /福岡

改善提案→設備導入

 県は、福岡市博多区の県吉塚合同庁舎内に、県中小企業生産性向上支援センターを開設した。人材不足やIT分野で技術革新が進むなか、生産性向上のため企業診断から改善提案や設備導入まで一貫した支援をする。こうした支援態勢は全国で初めて。

 県によると、県内には約13万の中小企業がある。センターの支援対象は農林水産業などの1次産業を除くすべての中小企業。

 センターは、企業側から支援依頼を受けると、中小企業診断士や技術士を派遣し、企業診断を実施。結果を引き継いだアドバイザーが、品質管理やIT・ロボットを活用した自動化や効率化、事務改善など企業の実態に合わせた業務プロセス改善策を提示する。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです