メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号2週間 業者多忙、滞る家修理 一部損壊、費用負担に不安

屋根にブルーシートをかけたものの雨漏りが止まらず、2階部分を解体してシートをかけ直す住民やボランティアたち=千葉県館山市布良地区で22日

 台風15号の上陸から23日で2週間になるが、1万棟を超える建物被害が出ている千葉県では住宅の修理が進んでいない。被害が膨大で業者の手が回らないためだ。補助対象外の「一部損壊」が被害の多数を占めているため費用負担への不安も大きく、被災者からは支援を求める声が上がる。自宅再建には長い時間がかかりそうだ。

 房総半島のほぼ南端に位置する館山市布良(めら)地区。海を望む風光明媚(めいび)な集落を今月8日から…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです