メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/6 重要な刑事裁判記録 高い閲覧のハードル

広域防災基地の中の「小さな森」に立つ青木栄司さん=東京都立川市で2019年6月13日

 トウカエデやケヤキが植えられた三角形の土地にヘリコプターのホバリングの音がけたたましく響く。東京都立川市の米軍立川基地跡の一角だ。

 1970年代に基地が米国から返還された後、陸上自衛隊立川駐屯地や消防庁航空隊などから成る広域防災基地ができた。地元農民の青木市五郎さん(故人)はその中にあった自分の土地を国から返してもらい、小さな森を作った。市五郎さんの孫栄司さん(64)は「返ってきた土地だから、できる限りこのままにしたい」と話す。

 戦後、日本軍の飛行場を接収した米軍立川基地は、砂川町(現立川市)の農地を接収して拡張した。青木さん…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです