中国、バチカンと和解1年 信仰抑圧強める カトリック教会香港教区 陳日君・枢機卿に聞く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

法王の権威、認めていない

 カトリック教会香港教区の陳日君枢機卿(87)が毎日新聞の取材に応じ、バチカンとの和解後も中国で深刻さを増す、信仰の自由への締め付けに警鐘を鳴らした。【香港で河津啓介】

 司教の任命権を巡る暫定合意の大きな問題は、その内容が公表されていないことだ。バチカンと中国が互いに何を認め、受け入れたのか。枢機卿である私でさえ、知らされていない。

 中国当局は暫定合意を口実として、地下教会に政府系教会組織「愛国会」の傘下に入るよう迫っている。情報のない聖職者や信徒に混乱、不安が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集