メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化、各国施策表明へ きょう気候行動サミット

 国連のグテレス事務総長の呼びかけで、各国の首脳らが気候変動問題の対策強化を話し合う「気候行動サミット」が23日、米ニューヨークの国連本部で開かれる。「気候変動は既に非常事態だ」と危機感を募らせるグテレス氏は、温室効果ガスの削減に向けて「美しい演説ではなく具体的な計画」を持ってくるよう要請し、各国に発破をかけている。英独仏などの首脳は、自国の取り組み強化を表明する見通しだ。

 気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」は、来年から本格始動する。パリ協定は、産業革命後の気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを求めている。だが、各国が現在表明している温室効果ガスの削減目標を合わせても実現は難しく、さらなる目標の上積みが必要だ。グテレス氏は各国の首脳らにあてた書簡で、2050年までの温室効果ガスの排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)を表明するよう求めている。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです