メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「人間」刊行記念 又吉直樹さんトークイベント 11月3日・大阪分、あすから受け付け

 <毎日新聞からのお知らせ>

[PR]

 作家でお笑い芸人の又吉直樹さん初の長編小説「人間」の単行本が、10月10日に毎日新聞出版から発売されます。

 この小説は、毎日新聞に昨年9月から今年5月まで連載されました。主人公は、執筆当時の又吉さんと同じ38歳の永山。絵や文章での表現を志してきた永山が、38歳の誕生日に知人から届いた1通のメールをきっかけに、かつて同世代の仲間たちと過ごした日々を振り返ります。まだ夢の途中なのかと葛藤しながらも、その先に見えてきたものとは……。

 又吉さんは連載終了後、「小説を書くまでは、遠くにあった『人間』という言葉が、今は近くにあって、とても優しく聞こえる」と手応えをつづっています。

 装画と題字は毎日新聞連載でも挿画を描いたイラストレーターの村田善子さんが手がけ、鈴木成一デザイン室が装丁を担当しました。四六判、本体1400円(税別)。

 同書の刊行記念トークイベントを、東京、大阪で開きます。10月20日の東京のイベントのチケットは完売しましたが、11月3日の大阪でのトークイベントは9月24日から申し込みを受け付けます。

 <日時>11月3日(日)午後2時開演(同1時半開場)

 <会場>阪急うめだホール(大阪市北区角田町8の7、阪急百貨店うめだ本店9階)

 <入場料>2500円(税込み、著書「人間」付き)

 <定員>400人(要予約)

 <問い合わせ・申し込み>紀伊国屋書店梅田本店(06・6372・5821)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです