メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QRコード

 緊急避妊には二つの方法があります。避妊しなかった、避妊に失敗した、レイプ被害に遭ったなどの性交後72時間以内に、黄体ホルモン製剤の一種であるレボノルゲストレル錠1・5ミリグラムを1回服用して妊娠の可能性を90・8%減少させる、いわゆる緊急避妊薬。それから、120時間以内に銅付加子宮内避妊具を挿入して妊娠を回避する方法があります。

 緊急避妊を必要として僕のクリニックを受診した485件の理由は、コンドーム破損31・8%▽避妊せず2…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです