メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

検証 消費者庁10年/上 食の安全、情報集約で先手

回収の対象にされた冷凍食品を前に、記者会見するアクリフーズの幹部ら

 消費者庁が発足して、今月で10年を迎えた。命と健康に関わる食品や製品の事故、悪徳商法被害などへの対応の「司令塔」となるべく、各省庁に分かれていた消費者の権利保護機能を集約させた行政機関だ。期待された成果は上がったのか。

 ●ギョーザ事件教訓

 「午前11時15分ごろ、A県B市保健所から、市内医療機関より患者5人(1人重症)の有機リン酸中毒発生との連絡」。消費者庁が毎年12月下旬に行う食中毒の緊急対応訓練は、厚生労働省から送られてくる「食中毒発生情報」メールから始まる。

 担当する消費者安全課には毎日1回、厚労省経由で全国の保健所から食中毒関係のメールが転送されてくる。…

この記事は有料記事です。

残り2381文字(全文2666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです