メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 36年続く自主夜間中学/2 基礎学習、頼みの綱

日本史について講師からアドバイスを受けるラムさん

 <kyoiku no mado>

 千葉県松戸市の市勤労会館で週2回開かれる「松戸自主夜間中」の生徒のうち約6割を外国人が占める。中には、異国の日本でつらい経験をしてきた子どもたちも少なくない。

 市立中3年の林昊堃(はうこん)さん(14)は小学2年の時に中国から来日した。待っていたのは凄惨(せいさん)ないじめだった。クラスメートにいじめられ、他のクラスの子にも無視された。友達は一人もできなかった。「何でいじめられるの……」。いつも顔を伏せて泣いてばかりいた。先生も味方してくれなかった。それどころか、トイレ掃除でクラスメートに誤って水をかけてしまったら、「罰」として水を浴びせられた。

 翌年、転校した。そこでは、担任の先生がクラスメートとの間を取り持ってくれて自然と友達ができた。いじ…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです