メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「レダの靴」の導き=酒井佐忠

 塚本邦雄の短歌に魅せられ歌人となった尾崎まゆみの新著『レダの靴を履いて 塚本邦雄の歌と歩く』(書肆侃侃房)が、塚本ワールドの魅力をわかりやすく伝えてくれる。現代短歌の巨匠の塚本の美意識にあふれた言葉の世界に再び接することができる一冊だ。

 <ゆきたくて誰もゆけない夏の野のソーダ・ファウンテンにあるレダの靴>

 伝説的な第一歌集『水葬物語』の中の一首。「レダ」はギリシャ神話の登場人物で、白鳥に変身させられて数奇な運命をたどる。その「レダの靴」は、果てのない遠い世界への旅路を思わせる。「ソーダ・ファウンテン」は尾崎の青春時代にはよくみられたソーダ水などを売る喫茶店。そして何よりも、「ゆきたくて誰もゆけない夏の野」というフレーズが、尾崎をとらえた。「ここではない、どこか」への憧れだ。それは「人の心を揺さぶる…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです