メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 近所にほしい名店

麺のひねりが伝わる個性豊かなうどん=筆者撮影

 こういう店が家の近所にあったらいいのに。最近、ぼくがひかれるのは、そんな店だ。過去には食事のためにわざわざ飛行機に乗った。1人何万円もするコースも食べた。予約困難な店、一期一会の限定麺に高揚した。ただ、1周回って、いや、3周くらい回って、今、そういう気分に少し疲れてきたのかもしれない。

 本音を言うなら、できれば予約せずにふらりと寄りたいし、何度も通いたいからそこまで高価な店でないほうがいい。そして、願わくはそういう気の利いた店にふらりと歩いて行きたい。「麺豪(めんごう)のざき」はそんな店だった。

 熊本市内の上通アーケードを抜け、さらに北へ歩いて行くと、坪井という昔ながらの風情が残るエリアにたどり着く。ここに店を構えているのが「のざき」。基本的に夜のみの営業で、週末に限り昼も営業するうどんの店だ。店主の野崎光浩さんが元々和食の料理人ということもあり、ただのうどん店ではなく、そば前ならぬ、“うどん前”を楽しめるような酒肴(しゅこう)をそろえており、うどんを食べたい人も、酒を飲みたい人も満足で…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです