メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

イングランド、雪辱へ堅実4トライ

【イングランド-トンガ】後半、ペナルティーゴールを決めるイングランドのファレル=貝塚太一撮影

 (1次リーグ・第3日)

 ◆イングランド

 イングランドは、勢いづかせると厄介なトンガに対し、落ち着いた試合運びを見せ、4大会ぶりの優勝に向けて、一歩を踏み出した。

 立ち上がりは低調。トンガにビッグタックルを許すなど相手ゴールラインに迫れず、前半20分過ぎまでは同点のまま時間が過ぎた。だがジョーンズ監督は「(トンガが)最初の20分は命がけで戦ってくることは織り込み済みだった」と余裕たっぷり。主将のCTBファレルは「パニックにならないように心がけた」と、忍耐強く試合をコントロールした。

 その後はCTBツイランギやWTBワトソンがキックカウンターから華麗なステップで防御網を切り裂いてトライを重ね、終わってみれば4トライ。ボーナス点1を獲得した。フランスやアルゼンチンなど実力のあるチームが名を連ねるC組を勝ち上がるため、ノルマとなる「勝ち点5」を手にした。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです