メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

イングランド、雪辱へ堅実4トライ

【イングランド-トンガ】後半、ペナルティーゴールを決めるイングランドのファレル=貝塚太一撮影

 (1次リーグ・第3日)

 ◆イングランド

 イングランドは、勢いづかせると厄介なトンガに対し、落ち着いた試合運びを見せ、4大会ぶりの優勝に向けて、一歩を踏み出した。

 立ち上がりは低調。トンガにビッグタックルを許すなど相手ゴールラインに迫れず、前半20分過ぎまでは同点のまま時間が過ぎた。だがジョーンズ監督は「(トンガが)最初の20分は命がけで戦ってくることは織り込み済みだった」と余裕たっぷり。主将のCTBファレルは「パニックにならないように心がけた」と、忍耐強く試合をコントロールした。

 その後はCTBツイランギやWTBワトソンがキックカウンターから華麗なステップで防御網を切り裂いてト…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです