メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋港防災、正念場 伊勢湾台風後整備、進む老朽化

伊勢湾台風で浸水した名古屋港とその周辺=1959年9月30日、毎日新聞社機から撮影

 1959年9月26日に伊勢湾台風が上陸して間もなく60年。名古屋港には観測史上最大の3・89メートルの高潮が押し寄せ、甚大な被害につながった。同港は被災を教訓に防災対策が進んだが、経済成長とともに輸出入の拠点として地元のもの作りを支える存在となった今、課題も垣間見える。

 名古屋港の2017年の統計によると、同年の総取扱貨物量は1億9597万トンで16年連続日本一、自動車輸出台数も130万台で39年連続日本一だった。

 国内有数の存在となった同港だが、伊勢湾台風では大きな被害が出た。当時、港には17カ所、122ヘクタ…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです