メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮沢りえ

仕事と家庭の“理想の両立”語る(MANTAN WEB)

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の公開後舞台あいさつに登場した宮沢りえさん

[PR]

 女優の宮沢りえさんが9月23日、東京都内で行われた映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに蜷川監督と登場。小栗旬さん演じる太宰治の正妻・津島美知子役を演じた宮沢さんは、太宰の不貞を見て見ぬふりをしながら世話をする美知子と太宰の関係について「夫婦の枠を超えて人間同士の強いつながりがあったんだろうなと思います」と語り、「自分では、表現者としては、家庭もちゃんと守って仕事では攻めまくる、というのが理想だなと思いますけど(笑い)。なかなか難しいですけど、それを理想としています」と仕事と家庭の両立についての理想を語った。

 今作のイベントに登場するのはこの日が初めてとなる宮沢さんは「撮影期間はそんなに長い時間ではなかったんですが、とても過酷でとても濃密な時間を過ごしました」と撮影を振り返り、「この作品に携われて光栄に思っています」と思いを語った。また、今回初タッグを組んだ蜷川監督から「やっぱりこの役はりえちゃんしかできなかったなと思います」と絶賛され、続けて「私的には、絶対に近いうちに主演で何かご一緒できたらいいなと思っていて」と主演を熱望されると、宮沢さんは「うれしいなー」と喜んでいた。

 蜷川さんは、今回の舞台あいさつは宮沢さんからの提案だったと明かし、「その男気がカッコよくて、大好きすぎて、常に尊敬しています」と宮沢さんへの思いを語った。

 「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、文豪・太宰治の遺作「人間失格」の実写化ではなく、「人間失格」の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクションとして映画化。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描いている。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです