メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アプリ「避難所へGO!」(仮称)広島市職員が開発提案

広島市が開発する避難誘導アプリのイメージ画面=広島市提供

 災害時の避難行動に役立ててもらおうと、広島市がスマートフォン向けの避難誘導アプリ「避難所へGO!」(仮称)の開発を進めている。不慣れな土地にいる被災者に正確な情報を伝える狙いで、現在地から最も近い避難所への経路を表示するほか、河川の水位を確認できるライブカメラの映像も見られる機能を搭載する予定だ。【小山美砂】

 昨夏の西日本豪雨では、自宅から離れた場所で土砂災害に遭った犠牲者がいた。市民からは「詳しく知らない地域にいたら避難場所が分からない」との声もあり、市危機管理室の職員たちがアプリの開発を提案した。9月市議会に上程した一般会計補正予算案に開発費2900万円を計上し、来年4月中の運用開始を目指す。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです