水面下で進む暗闘 自民派閥勢力争い激化 留任の二階幹事長派に勢い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の主な派閥の人数と会長
自民党の主な派閥の人数と会長

 10月4日召集の臨時国会を前に、自民党内の派閥勢力図に変化が生じている。9月23日時点では、麻生派と竹下派が共に53人、岸田派と二階派が共に46人で、第2、第4派閥がそれぞれ同数で並ぶ珍しい状況となっている。竹下派は10月に参院議員2人が加わり、2年ぶりに単独第2派閥に復帰する見通し。二階派は新人議員らを積極的に引き込んで9月に岸田派に並んだばかりで、水面下での勢力争いが続いている。

 「大きなエネルギーを持つためには仲間は多い方が良い」。竹下派会長代行の茂木敏充外相は12日の派閥会合後、記者団に笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1066文字)

あわせて読みたい

注目の特集