メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水面下で進む暗闘 自民派閥勢力争い激化 留任の二階幹事長派に勢い

自民党の主な派閥の人数と会長

 10月4日召集の臨時国会を前に、自民党内の派閥勢力図に変化が生じている。9月23日時点では、麻生派と竹下派が共に53人、岸田派と二階派が共に46人で、第2、第4派閥がそれぞれ同数で並ぶ珍しい状況となっている。竹下派は10月に参院議員2人が加わり、2年ぶりに単独第2派閥に復帰する見通し。二階派は新人議員らを積極的に引き込んで9月に岸田派に並んだばかりで、水面下での勢力争いが続いている。

 「大きなエネルギーを持つためには仲間は多い方が良い」。竹下派会長代行の茂木敏充外相は12日の派閥会…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです