メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神経衰弱カードゲーム「マッチッチ」で英単語学ぼう

マッチッチのサイト画面。たとえば「banana」というつづり(上段右から2枚目)とバナナの絵(下段左から3枚目)をそろえると絵柄が見えた状態になる

[PR]

 大阪市中央区北浜東のデザイン会社「i−tribe(アイトライブ)」は、英語とイラストのペアをそろえる神経衰弱カードゲーム「マッチッチ」(https://www.matchtch.space/)をネットに公開した。発音重視の無料サービスで、同社は「学校教育の一場面で活用してもらうことを目指したい」と意気込む。

 ジャンルは野菜やフルーツ、動物、魚や衣服など11種あり、カードは計251枚。英語のカードをクリックすると、その単語を読み上げる機能もある。

 めくったカードの組み合わせが間違っていると、カードは自動的に伏せた状態に戻り、組み合わせが正しいと、カードは絵柄が見えた状態となる。

 誰でも平等に心地よく学べる環境を目指し、提供を始めたという。三木泰裕社長は「生活に根ざした英単語を、もっと身近に感じてもらえるきっかけになれば」と話している。【高橋望】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです