メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易協定署名へ 日米首脳会談 牛肉など譲歩多く イラン緊張緩和模索

 米ニューヨークで開催中の国連総会に合わせ、現地時間の25日に日米首脳会談が開かれる。日米が閣僚級で大枠合意した貿易協定について、安倍晋三首相とトランプ米大統領は合意事項をまとめた文書に署名する方針だ。これまでの協議では日本は米国の攻勢を受け、協定は米国への譲歩が目立つ内容になりそうだ。一方、両首脳はイラン情勢についても意見を交わす予定。サウジアラビアの石油施設攻撃で緊張が高まる米国とイランの仲介役としての成果が問われる。安倍首相は23日、政府専用機で羽田空港を出発した。

この記事は有料記事です。

残り2379文字(全文2617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです