メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「楽しい1日に」会津藩公行列 綾瀬はるかさんが6年連続参加

会津藩公行列の特別ゲストとして参加し、沿道の声援に応える左から綾瀬はるかさん、鈴木梨央さん=福島県会津若松市で2019年9月22日午前11時38分、会津若松市提供

 会津まつり(21~23日)のメイン行事「会津藩公行列」が22日、福島県会津若松市の中心市街地であった。NHK大河ドラマ「八重の桜」で、主人公の山本(新島)八重役を務めた女優の綾瀬はるかさんと、八重の子ども時代を演じた鈴木梨央さんが昨年に続いて特別ゲストとして参加。ドラマの衣装を身につけ、沿道の声援に手を振って応えた。

 鶴ケ城であった出陣式では、行列の安全を祈って天守閣から矢が放たれた。その後、新政府軍に対抗するために結成された奥羽越列藩同盟を中心に、歴代藩主や白虎隊など会津藩ゆかりの人物にふんした約500人の市民らが市街地を練り歩き、勇壮な時代絵巻を繰り広げた。

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです