メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3歳で小児がん発症の12歳男児 経験元に絵本出版 治療する子ども描く

絵本を出版した栄島さん=横浜市西区で、中村紬葵撮影

 小児がんについて知ってもらおうと手作りのレモネードを売って売上金を寄付する「レモネードスタンド」の活動を続けている小学6年の栄島四郎さん(12)=横浜市西区=が、絵本「ぼくはレモネードやさん」を出版した。3歳で小児がんを発症した栄島さんの経験を元に、治療する子どもたちの様子などを描き、絵や文章も自身が手がけた。

 栄島さんは3歳のときに小児がんを発症。手術や放射線治療などを経て退院した。疲れやすいなどの後遺症が残り、直後は階段を上るのもままならなかったという。現在も再発の有無を検査するため定期的に通院している。日々のトレーニングは欠かせないが、小学校の体育の授業にも参加できるようになった。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです