メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性被害の相談増加 救済センター「時間かけ、傷に寄り添う」福井

支援の重要性について語る細川久美子センター長=福井市の済生会病院で、横見知佳撮影

 福井市和田中町の福井県済生会病院を拠点に、性暴力被害者を支援する「性暴力救済センター・ふくい」(通称ひなぎく)が、2018年7月に24時間365日体制の相談受け付けを始めて以降、相談件数が増えている。18年度の新規利用者数は163人で、前年度の3.5倍に。14年4月のオープンから支援を続ける産婦人科医の細川久美子センター長(57)に24時間体制の重要性や今後の課題を聞いた。【横見知佳】

 ひなぎくは警察や弁護士会などと連携した支援活動を一カ所で行う「ワンストップ支援センター」としてオープンした。病院に拠点を置くワンストップ支援センターは8府県にあり、北陸では福井が唯一だ。中でも24時間対応するのは福井や大阪など5府県しかない。性被害支援に特化した資格を持つ看護師ら女性4人が医療やカウンセリングを担当する。必要があれば、警察や弁護士を紹介する。

 性被害は、親や友人ら身近な人から受けることが多い。近年はSNSで「わいせつな写真を送れ」と脅されるといった、接触のない性暴力も増えている。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです