メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳性まひのチンパンジー「ミルキー」に新施設完成 高知・のいち動物園

新施設の前で説明するミルキーの飼育担当の山田信宏さん=高知県香南市で2019年9月22日、郡悠介撮影

 生まれながら体に障害を抱えている高知県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)の雌のチンパンジー「ミルキー」(6歳)のための屋外新施設が完成し、22日に披露された。従来の屋内施設と比べると、より自然に近い環境。飼育を担当する山田信宏さん(46)は「将来は、他のチンパンジーと同じ時間・場所で過ごすことができれば」と期待する。【郡悠介】

 ミルキーは2013年に心肺停止状態で産まれ、脳性まひの後遺症がある。右半身を中心にまひなどの障害が残り、園内のチンパンジーの群れとは別に、専用の屋内施設がある。同園は専門家によるリハビリや他のチンパンジーとの檻(おり)越しの対面に取り組んできた。その一環で、より外に近い環境での生活を目指して、昨年11月から約1年かけて屋外施設を完成させた。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです