メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

台風17号の暴風で吹き飛ばされたトタン屋根と直撃を受けた民家=福岡県宗像市で23日、前田敏郎撮影

[PR]

 大型の台風17号の暴風の影響で22日深夜、福岡県宗像市東郷6の3階建て建物のトタン屋根が吹き飛ばされ、電線や道路向かいの2階建て木造民家の2階部分を直撃した。屋根は電線に垂れ下がり信号柱が傾き、停電が発生した。

 直撃を受けた民家の女性(62)は「1階の居間にいたが、バリバリという大きな音がして地震のように揺れた。千葉県の台風被害があったばかりで怖かった。38年住んでいるが、こんな被害は初めて」と話した。女性は直後に110番したという。

 22日午後11時過ぎから現場付近の道路が約100メートルにわたって全面通行止めとなり、23日早朝からの復旧作業で午前中に屋根などが撤去された。3階建て建物は薬局などが入っていたが現在は使われておらず、撤去される予定だったという。【前田敏郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです