メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉の旅館やホテルにも大打撃 建物被害、相次ぐキャンセル 台風15号

 台風15号の上陸から23日で2週間。千葉県南部の旅館やホテルが大きな打撃を受けている。屋根が飛ばされるなどの建物被害に加え、予約のキャンセルが相次ぎ、廃業を考える施設もある。

 房総半島最南端の野島埼灯台近くにあり、今年で創業100年の節目を迎えた南房総市の老舗旅館「紋屋(もんや)」では23日、従業員たちががれきの片付けに追われていた。おかみの高尾葉子さん(62)は館内に飾っていた自らの書を手に「作品のいくつかがだめになってしまった」とため息をついた。

 太平洋に面した全25室の客室の窓ガラスはほとんど割れ、屋根も飛ばされて、柱の骨組みがむき出しになった。台風が上陸した9日には20人ほどの宿泊客がおり、割れたガラスで足をけがする人もいた。2階建ての和風旅館は眺望に加え、妊婦や赤ちゃんのいる家族連れへのもてなしでも定評があった。4代目社長の高尾憲資さん(64)は「なんとか年内に再開できるようにしたいが……」と言葉を絞り出した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです