メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・安井金比羅宮で「櫛まつり」 くしやかんざしに感謝し供養

時代装束をまとい、練り歩く女性たち=京都市東山区で2019年9月23日午後2時35分、川平愛撮影

 使い古したり、折れてしまったりしたくしやかんざしに感謝して供養する「櫛(くし)まつり」が23日、京都市東山区の安井金比羅宮で開かれた。古墳時代から現代の舞妓(まいこ)までさまざまな髪形に結い上げた女性たち約40人が、時代装束をまとい、境内の「久志塚(くしづか)」で神事に参列した後、祇園かいわいを練…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです