メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラン光るFW 円熟ハーフ陣 アイルランドにスキなし ラグビーW杯

【アイルランド-スコットランド】前半、タックルを受けながらも突進するアイルランドのヘンダーソン(中央右)=横浜・日産スタジアムで2019年9月22日、宮武祐希撮影

 ひたむきに働く、37歳のベスト主将が率いるFW陣がアイルランドの主役を演じた。W杯の初戦で、1次リーグ最大の難敵スコットランドに完勝した。

 W杯の歴史に語り継がれるであろうトライが生まれたのは前半13分、左ラインアウトが起点だった。フッカーでスローワーを務めたベストはモールに素早く加わった。スコットランドの防御が分断されたとみるや、密集の上からあおむけに倒れ込み、ボールをインゴールに着地させた。

 さらに、ロックのヘンダーソンがスコットランドの防御ラインを中央突破。最後はベストがサポートしつつ、プロップのファーロングがゴール右に飛び込み、トライを決めた。今大会後の引退を表明しているベストは「本当にまとまりのある良いチーム。前半にトライを重ねて試合を有利に運べた」と自賛した。自陣ゴール前の防御では試合終盤まで運動量が落ちず、相手をノートライに封じた。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. 検証 菅氏の経済人脈、首相就任で可視化 重点政策、個別に進言

  4. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです