メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌ドームで沸き起こったトンガへの声援と手拍子 ケフ監督「心を動かされた」 

【イングランド-トンガ】前半、相手を引きずりながら突進するトンガのロロヘア=札幌ドームで2019年9月22日、貝塚太一撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は22日、1次リーグ3試合が行われ、札幌ドームではC組のイングランド(世界ランキング3位)が35―3でトンガ(同15位)を破った。

 前後半の計80分が経過したことを伝えるホーンが鳴り響いた。ラストワンプレーで、意地のトライを狙うトンガの選手たちへ、約3万5000人が詰めかけたスタンドから「トンガ」の呼び声と手拍子が湧き起こった。

 しかし、優勝候補の一角であるイングランドの分厚い防御を最後まで崩せなかった。強豪がそろう「死の組」で初の1次リーグ突破を目指しているトンガだが、ケフ監督が「今年ずっと続いている問題」と嘆いたように単調な攻めでトライを取りきれない。結局、得点は1PGのみだった。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 台風で常磐線、久留里線、鹿島線が計画運休 成田線も見合わせの可能性

  4. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです