メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯、一転食べ物持ち込み可 売り切れ続出 健康維持のお茶も

ラグビーW杯の開幕戦の試合前、売店に並ぶ人たちで大混雑するコンコース=東京・味の素スタジアムで2019年9月20日午後6時2分撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、スタジアムへの食べ物の持ち込みが23日から可能になった。大会組織委員会はスポンサーや販売業者の権利保護のため当初全面禁止としていたが、一部のスタジアムで売り切れが続出し、一転して認めた。世界規模のスポーツイベントで、大会中に方針転換するのは異例。

 組織委などによると、開幕戦だった20日の日本―ロシア戦(東京・味の素スタジアム)などで会場の売店に大行列ができ、食べ物の売り切れが相次いだ…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです