「一瞬で降りてきた」 直感から湧き出たラグビーW杯キャッチコピー「一生に一度」 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビーW杯日本大会のキャッチコピーを考案した吉谷吾郎さん=東京都港区で2019年9月12日、吉田航太撮影
ラグビーW杯日本大会のキャッチコピーを考案した吉谷吾郎さん=東京都港区で2019年9月12日、吉田航太撮影

 4年に1度開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本大会は、開幕から22日までの3日間で7試合に計約31万人もの観客が訪れた。大会の盛り上がりに一役買っているのが「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」というキャッチコピーだ。コピーライターの吉谷吾郎さん(31)が考案したもので、「一生に一度」の体験を求め、大勢の観客が会場へと足を運ぶ。

 「奇跡みたいに一瞬で降りてきた。こんなのはコピーライター人生でも記憶にない」。吉谷さんは普段、何百通りもの案を練った中から人々の記憶に残るような切り口、文字数、パターンなどの検証作業を繰り返してキャッチコピーを絞り込む。しかし、今回は一連の作業を飛び越し、直感で導き出したという。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文972文字)

あわせて読みたい

注目の特集