特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

理論派ジャンパー戸辺 男子走り高跳びで日本選手史上初のメダルに挑む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
6月の日本選手権の男子走り高跳びで優勝した戸辺直人の跳躍=徳野仁子撮影
6月の日本選手権の男子走り高跳びで優勝した戸辺直人の跳躍=徳野仁子撮影

 27日開幕の陸上の世界選手権(ドーハ)で、男子走り高跳びの世界ランキング1位、戸辺直人(27)=JAL=がメダルを狙う。筑波大大学院生時代には走り高跳びの研究論文をまとめた理論派ジャンパーで、日本勢のトラック・フィールド個人種目で最も表彰台に近い。この種目でメダルを獲得すれば五輪、世界選手権を通じて日本選手史上初となる。

 今年は2月に室内競技会で日本記録を13年ぶりに更新する2メートル35をマーク。世界室内ツアーでも3連勝し、日本選手初の総合優勝を果たした。6月の日本選手権も4年ぶりに制し、2大会ぶりの世界選手権に挑む。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文847文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集