メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウェールズ 揺らがぬ自信 ジョーンズ主将、過去最高の経験持つ選手たちと悲願の世界一へ

ウェールズの精神的支柱として初優勝を目指すロックのA・ジョーンズ=英国・カーディフで2019年8月17日、ロイター

 今年の欧州6カ国対抗を全勝で制し、8月には世界ランキングが1位になったウェールズ。8、9月のイングランド、アイルランドとのテストマッチは1勝3敗と負けが込み、世界ランキングも4位になったが、1次リーグ初戦に先発したのは、これまでのチームで最も経験がある平均年齢約29歳の選手たちで、自信は揺らいでいない。

 チームは2007年に就任したガットランド監督の下で鍛え上げてきた守備が武器だ。その中心となるのがロックのA・ジョーンズ主将。ジョージアとの1次リーグ初戦でワールドカップ(W杯)4大会連続出場となり、キャップ数はチーム歴代最多に並ぶ129に。2メートル近い長身で体を張ってタックルを繰り出し、チームの特徴である堅守を象徴している。欧州6カ国対抗では最優秀選手に輝き、頂点に導いた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです