メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

片山虎之助氏/下 それでも、日本人は『戦争』を選んだ 歴史を「新鮮なもの」にしてくれる

インタビューに答える片山虎之助参院議員=東京都千代田区永田町の参院議員会館で、宮本明登撮影

ロングバージョン

 これは歴史を「新鮮なもの」にしてくれる書物だ。例えば、真珠湾奇襲以外の選択肢のために努力する人はいたけれども、「それ以外の勢力」の論理や背景と事情で日本は開戦を選択してしまった。そんな歴史を加藤陽子先生は押し付けがましくもなく、中高校生にも分かるように、つまびらかにしてくれる。1935(昭和10)年生まれの私も、この本を読んで何度も「目からうろこ」が落ちて、タイトルの「それでも」という意味をどうにか理解できた気になった。よい本だ。

 あの戦争は「バカな戦争だった」と言われるが、結果論からするとその評価は一番簡単だが正鵠(せいこく)…

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです