メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング 向田&川井友が帰国“新たな戦い”教育実習へ(スポニチ)

[PR]

レスリング 世界選手権最終日(2019年9月22日 カザフスタン・ヌルスルタン)

 レスリングの世界選手権(カザフスタン)で東京五輪代表に内定した女子53キロ級銀メダルの向田真優(22)と、62キロ級銅メダルの川井友香子(22=ともに至学館大)が22日、羽田空港に帰国した。

 23日から高校で保健体育の教育実習を行うため、他の代表選手より1日早い凱旋。向田は「五輪に向けて練習があまりできない状況になるが、レスリングがしたいっていう3週間になるはずだから、切り替えて頑張りたい」。

 川井は「今まで人に教える立場だったことがないから緊張しているが、メンタル強化だと思いたい」と新たな戦いに向けて意気込んだ。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです