メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐生、体調OK「ギア上げる」 世界選手権3大会ぶり出場に闘志(スポニチ)

[PR]

 陸上・世界選手権(27日開幕、ドーハ)に出場する男子短距離の桐生祥秀(23=日本生命)らが22日、羽田空港で取材に応じた。

 17日の壮行会は体調不良で欠席した桐生だが、「1日寝て次の日には大丈夫だった」と状態に不安はない。前日本記録となる9秒98のタイムを持つ100メートルは洛南高3年の13年以来、3大会ぶりに出場。「予選、準決勝、決勝としっかりギアを上げていきたい」。400メートルリレーについても「メダルを狙っていきたい」と闘志を高めていた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです