メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

改憲すれば戦時体制完成 今は「昭和3年」と酷似 内田博文・九州大名誉教授

内田博文 九州大名誉教授=宮本明登撮影

 なんだか戦前と似ていないか。特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、安全保障関連法、そして自衛隊を明確に位置づける憲法改正へ。安倍晋三首相は11日、内閣改造後の記者会見で「新しい国造りに挑戦すべき時」と述べ、改憲を「必ずや成し遂げていく」と強調した。この先にあるのは、どんな「新しい国」なのか。「現政権は今、戦時体制の総仕上げをしようとしている」と警鐘を鳴らす近代刑法史に詳しい内田博文・九州大名誉教授に、戦前と今の酷似点と、この流れを食い止める手立てを聞いた。【鈴木美穂】

 内田さんは、言論の自由を奪い、戦時体制の礎を築いた治安維持法の制定・運用の過程を、帝国議会の審議資…

この記事は有料記事です。

残り2663文字(全文2951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです