メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

二十五世本因坊 趙治勲九段/4止 AI台頭に胸中複雑

妻京子さんの遺影を背に=根岸基弘撮影

 交通事故を乗り越えて本因坊に返り咲いた1989年ごろ、頼みを断り切れなくなって弟子を取り始めた。千葉市の自宅近くに構えていた囲碁サロンを改装して道場にした。「木谷道場が頭にあるので、弟子同士で切磋琢磨(せっさたくま)させようと一時は住み込みと通いを合わせて20人くらいいました」。兄弟子と楽しんだソフトボールの思い出がよみがえり、「碁盤より先に、まずバットとグラブを買いました」と笑う。

 プロを目指す「院生」の研修センターが同市内の幕張にあった地の利を生かし、3人のプロ棋士が誕生した。…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです