メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

伊藤健太郎 思春期のリアル追求 映画「惡の華」27日公開

映画「悪の華」に主演する伊藤健太郎さん=大西達也撮影

 27日公開の映画「惡の華」(井口昇監督)で、ある出来事をきっかけに同級生に支配され自我が崩壊する中学2年生・春日役を演じた。「思春期の行き場のないモヤモヤやイライラは、僕自身も含めて誰もが通る道。モヤモヤを自分の中で昇華させて一緒に歩んでいくきっかけにこの映画がなればうれしい」

 ■   ■

 原作は押見修造の同名漫画。ボードレールの詩集「惡の華」を心のよりどころにする春日は、衝動的にクラスのマドンナ、佐伯(秋田汐梨)の体操着を盗んでしまう。それを知った問題児の仲村(玉城ティナ)に「クソムシ」「変態」とののしられ、佐伯の体操着を無理やり着せられた春日は恥辱と共に興奮を覚える。

 佐伯のブルマの匂いをかいだり、仲村に罵倒されたりする姿は衝撃的で、自身のさわやかなイメージとは正反対。「春日を演じた後、自分はどういう役者になっているんだろうと、すごく興味があった。絶対に挑戦すべき作品だと思った」と、初めて台本に目を通した時の印象を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです