メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

三木に「エスカルゴ」の足跡

 神戸市の北西に位置する三木市の旧市街は、格子戸に虫籠窓(むしこまど)の切妻造りの町家が多く残る美しい城下町だ。江戸時代に建てられた家屋も多く残っているとのことだ。

 その中心地の本町2丁目に「ビストロ・ド・ノブ」がある。角地にうろこのようなコンクリート壁の3階建てビル。こちらは昭和モダンな外観だ。入り口の真ん前には「右ひめぢ道 左あかし道」と刻まれた立派な「立石の道標」があり、それに並ぶようにフランス語のアルファベット表記の看板が置かれている。

 創業は1983年。地元・本町出身の井上信之さんが、約30年腕を振るっていた神戸・三宮の名レストラン…

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです