連載

ラグビーW杯2019

毎日新聞デジタルの「ラグビーW杯2019」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ラグビーW杯2019

熊谷・きょう初戦 観客輸送、準備OK シャトルバスや臨時駐車場 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本代表の壮行試合ではシャトルバスが次々と市役所近くから発車し、大きな混乱はなかった=埼玉県熊谷市宮町で
日本代表の壮行試合ではシャトルバスが次々と市役所近くから発車し、大きな混乱はなかった=埼玉県熊谷市宮町で

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)は24日夜、熊谷ラグビー場(熊谷市)での初戦となる1次リーグA組のロシア対サモア戦が行われる。W杯開催にあたり、同ラグビー場の最大の課題はJR熊谷駅から約3・5キロ離れた会場まで多くの観客をどのように運ぶかだった。今月6日に開かれた日本代表の壮行試合ではシャトルバスを駆使して観客をスムーズに運び、市は本番についても自信を見せている。【大平明日香、中山信】

 6日午後。W杯前最後となる日本対南アフリカの壮行試合を前に、熊谷駅から徒歩8分のパブリックビューイング会場近くでは、無料シャトルバスが試合開始の約3時間半前から運行を始めた。バス10台が常時待機し、3~5分間隔で観客を乗せて次々と会場の熊谷ラグビー場へ向かう。さいたま市の会社員、田島隆史さん(45)は「思ったより待たずに乗れるのでありがたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文892文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集